メンズリゼクリニック難波

 

大阪であそびにいこうと思ったら、まず頭にうかぶのが難波心斎橋ですよね。

 

ミナミにいけば、なんか楽しいことがありそうな感じがしますからね^^

 

でも、せっかくミナミにでるのなら、脱毛をやって帰るのもアリじゃないでしょうか?

 

メンズリゼは、レーザー脱毛がメインのクリニックですね。

 

メンズリゼの全身脱毛なら、上半身、下半身、ヒゲ、VIOの4か所にわかれた脱毛をします。。

 

前もってセルフサービスでむだ毛を剃っておけば、メンズリゼの4か所の脱毛が、30分〜1時間30分で終わるかんじですね。

 

メンズリゼの脱毛は、ヒゲだったらおおよそ10回、身体ならばおおよそ5回脱毛したら、だいたいの人は納得するレベルですよ。

 

メンズリゼで上半身の脱毛がすんだら、つぎの上半身の脱毛は最低2ヶ月後のはずですから、ほぼ1年かかりますね。

 

インターバルを2ヶ月とるとしたら、メンズリゼのヒゲ脱毛は2年を予定すべきでしょうね。

 

メンズリゼクリニック心斎橋院

 

心斎橋院は、大阪市中央区南船場4-10-13 HUQUE Building南船場5Fにあります。 

 

御堂筋を南へ下ってきて、南船場3(写真)の信号を右折します。右角に東京スター銀行大阪支店ファイナンシャル・ラウンジ(写真)があります。

 

一方通行をまっすぐすすむと、左に「セブンイレブン大阪南船場4丁目店」(写真)があります。

 

50メートル先の右手に、HUQUE Building南船場(写真)があります。一階に、「LRINGO」ってディスコがあります。

 

つきあたり(写真)までいくと行きすぎです。ご注意ください。

 

≫メンズリゼクリニック心斎橋院 くわしくはコチラ

ページの先頭に逆もどり

 

メンズリゼクリニック心斎橋院の通常料金。

 

全身‥‥5回で、税込49万8000円

 

ヒゲ‥‥5回で、税込14万9800円

 

VIO‥‥5回で、税込12万9800円

 

これは通常料金ですからね。キャンペーン中なら、メンズリゼクリニック心斎橋院はそうとう安いですよ(*^ ^* )

 

メンズリゼクリニック心斎橋院の公式ページをチェックして、きっちりキャンペーンの時に契約すべきですよね。

 

メンズリゼクリニック心斎橋院には、支払いのしかたも、クレジットカード、メディカルローン、定額制とありますから、都合いいですよね。

 

メンズリゼクリニック心斎橋院の定額制は、24回ばらいまでOKですよ。メンズリゼクリニック心斎橋院がだいぶ負担してくれて、うれしいです(^^*) 」

 

 

メンズリゼクリニック心斎橋院の体験談。

 

脱毛の体験談をメンズリゼクリニック心斎橋院におくる契約だと、最大15%も料金がおトクですよ。

 

メンズリゼクリニック心斎橋院の公式ページの経験談コーナーに紹介されます。

 

ただ、基本的にメンズリゼクリニック心斎橋院では一括でしか料金が支払えなくなりますから、注意がいりますよ。。

 

メンズリゼクリニック心斎橋院では、分割もできないことはないのですが、クレジットカードで2回払いがやっとですね。「2回とか、分割っていわんやん!」って感じですからね(-_-;)

 

メンズリゼクリニックでは、院をうつることもできません。心斎橋で契約すると、基本は心斎橋で脱毛することになります。

 

やむをえず、心斎橋から梅田にかわれば、そこから最後まで梅田で脱毛することになります

 

 

メンズリゼクリニック心斎橋院まえのセルフ剃毛。

 

メンズリゼクリニック心斎橋院の脱毛においては、あたりまえですが、自分でできるところは前もって毛剃りをやってこなくてはいけません。

 

手のまわらないところの毛剃りは、メンズリゼクリニック心斎橋院の看護師さんがやってくれますよ。

 

しかし、メンズリゼクリニック心斎橋院の患者の中には自分でできるところの毛剃りすらやらない横着者もいるそうです(‖ ̄■ ̄‖)

 

そうなると、メンズリゼクリニック心斎橋院で毛を剃るだけで、かなり時間をとられてしまいます。とうぜん、わりあてられた時間でメンズリゼクリニック心斎橋院での脱毛が完了しなくなります。

 

脱毛の道なかばでメンズリゼクリニック心斎橋院側に、「はい時間です、また次回。」と冷たく帰宅させられてしまうこともありますから、注意するべきですよ。。。

 

とにかく、メンズリゼクリニック心斎橋院は予約不能なことがあるくらい人気がありますから、もちろんつぎの方が順番まちをしています。つぎの方だって、がんばってメンズリゼクリニック心斎橋院の順番を予約して待機しているのです。

 

メンズリゼクリニック心斎橋院としても、事前にむだ毛を剃ってこない横着者の予定時間を延長することはありません。メンズリゼクリニック心斎橋院の待合室で一生懸命まっているつぎの方を、予め毛を剃ってもこない横着者なんかのためにさらに待たせるのは気の毒ですから。

 

毛の自己処理は、しっかり終わらせてからメンズリゼに行きましょう。

 

メンズリゼクリニック心斎橋院とエステとの違い。

 

難波や心斎橋にも気にする人はけっこういらっしゃると思うのですが、メンズリゼクリニック心斎橋院での脱毛と、難波や心斎橋にあるエステサロンでの脱毛とでは、どのような違いがあるのでしょうか?

 

ハッキリ言えるところは、医療の国家資格を有しているか否かの違いですかね。

 

メンズリゼクリニック心斎橋院の医者といえば、脱毛はもちろんのこと、人間の体についての国家資格を有するバリバリの専門家です。

 

一方、難波や心斎橋にある脱毛サロンの脱毛エステティシャンは、脱毛や美容にはちょっとぐらい詳しいのかもしれないけれど、しょせんただの脱毛の技術者でありますから、医療の知識なんかまず有していないと思われます。

 

それに、難波や心斎橋の脱毛エステティシャンといったって、べつに国家資格を有してのエステティシャンではないわけです。

 

たとえば、難波や心斎橋の脱毛エステサロンに就職の面接に行って、採用されたその日から自分勝手に「私は今日から脱毛エステティシャンよ!文句ある?」って名乗ってしまえば、その人は脱毛エステティシャンとなるわけですから。。。

 

しかし、難波や心斎橋の脱毛エステサロンで脱毛施術を行っている脱毛エステティシャンの中には、こういったなんちゃってエステティシャンもたくさん存在するというまぎれもない事実があるわけです。

 

でも昨今の難波や心斎橋の脱毛エステ業界には、女性に限らず、男性の間でも脱毛の需要が高まっているという事情があるわけですよ。

 

そうなると、難波や心斎橋の脱毛エステ業界には、どうしても脱毛エステティシャンの絶対数が足りなくなってくるわけです。

 

その脱毛エステティシャンの不足を穴埋めするために、技術、知識ともにまだまだ未熟な脱毛エステティシャンをも借り出して接客している、という脱毛エステサロンが難波や心斎橋にはたくさんあるわけなんですね。

 

しかし、お金を払っているのに、そんな未熟者エステティシャンに脱毛施術されてしまう難波や心斎橋の脱毛サロンのお客さんは、たまったもんじゃありませんよね。未熟者エステティシャンだけに、脱毛施術はヘタクソで痛いし、満足な脱毛効果は得られないし。

 

もちろん、そんな難波や心斎橋の脱毛エステサロンにも、ちょっとぐらいの長所はあるわけです。それは、落ちついたムードの中で脱毛施術を受けられることです。

 

でも、最近ではレーザー脱毛を施すクリニック側だって、難波や心斎橋の脱毛エステサロンに負けず劣らず、脱毛施術をする部屋のムードを改善するところがずいぶん増えつつあるのです。

 

やっぱり一般的に、どうしても殺風景な診察室や施術室のイメージがレーザー脱毛を施すクリニックにはつきまといますからね。

 

だから、レーザー脱毛を受ける患者の精神的負担を軽くするために、診察室や施術室のムードを明るく改善するクリニックが増えてきているわけなんですよね。

 

結論、難波や心斎橋の脱毛エステサロンとクリニックの両者をトータルして比較すれば、脱毛施術室の雰囲気の面では互角、清潔感ではクリニックに軍配が上がるといった感じでしょうかね。

 

まあ、こんな感じで、ここのところ難波や心斎橋の脱毛エステサロンが、メンズリゼクリニック心斎橋院を筆頭とする大阪ミナミのレーザー脱毛クリニックに対して、脱毛の面で勝てることはすごく少なくなってきているのです。

 

たった一つだけ、難波や心斎橋の脱毛エステサロンが、レーザー脱毛を手がけるクリニックに勝てる面があるとすれば、難波や心斎橋の脱毛エステサロンはレーザー脱毛を手がけるクリニックよりも施設の数が多いことと、夜おそくまで営業しているということぐらいですかね。

 

しかし、この難波や心斎橋に脱毛エステサロンの施設の数が多いことと、夜おそくまで営業しているということが、難波や心斎橋の脱毛エステティシャンの技術レベルや知識レベルを下げる温床となっているわけですから、これらを難波や心斎橋の脱毛エステサロンの長所として認められるかどうかは定かではありませんよね。

 

まあ、なんやかやと大阪ミナミの脱毛エステサロンに因縁をつけるような形になりましたが。

 

失礼しました。